お知らせ NEWS 2022.4.26

JORTCデータセンター統計部門 部門長が
方法論研究で初.筆頭著者論文掲載!

小山田隼佑(JORTCデータセンター統計部門 部門長)が取り組んだ方法論研究の論文が、2022年4月26日に「BMC Medical Research Methodology」誌に掲載されました。

「Stepped Wedge Cluster Randomized Trialという研究デザインにおいて、イベントが発生するまでの時間に基づく介入効果を推定する際に、いずれの統計モデルの性能が優れているか」について、海外で実施された緩和ケア介入の臨床試験を実例として検討した研究です。

小山田はこれまで、多くの臨床研究支援に統計家として携わり、共著者として論文に入れていただいてきましたが、筆頭著者としての方法論研究では初の論文掲載となりました。ご指導いただいた東北大学大学院医学系研究科医学統計学分野の先生方には、改めまして厚く御礼申し上げます。

今後も臨床研究支援だけでなく、方法論の発展にも大きく貢献することを期待しています!
関係各位の皆様、引き続きご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。


■掲載雑誌 / Journal
BMC Medical Research Methodology

■論文タイトル / Title
Comparison of statistical models for estimating intervention effects based on time-to-recurrent-event in stepped wedge cluster randomized trial using open cohort design

■著者 / Authors
Shunsuke Oyamada*, Shih-Wei Chiu & Takuhiro Yamaguchi(*責任著者)

■DOI
https://doi.org/10.1186/s12874-022-01552-6



掲 載 日:2022年05月09日
最終更新日:2022年05月09日

 
 

このサイトは、信頼できる医療・健康情報のための倫理標準であるHONcodeの条件を満たしています: こちらからご確認ください