お知らせ NEWS 2020.10.22

JORTC外来研究員による臨床研究で初.論文掲載!

西山菜々子先生(JORTC外来研究員;大阪府立大学 助教/作業療法士)の研究グループが取り組む「緩和ケア病棟入院中のがん患者さんに対する専門的リハビリテーションの有効性を検証するための多施設共同ランダム化比較試験(JORTC-RHB02)」のプロトコール論文が2020年10月22日に「BMC Palliative Care」誌に掲載されました。

JORTCはAMED関連はじめ多くの臨床研究支援に携わっておりますが、関係各位の皆さまのご協力・ご支援をもちまして、JORTC外来研究員による臨床研究では初の論文掲載となりました。西山先生、おめでとうございます!そして、ご協力・ご支援いただいている皆様、改めまして厚く御礼申し上げます。本研究は今後さらに加速してまいります。今後ともどうぞよろしくお願い致します。




●プレスリリース●
緩和ケア病棟入院中のがん患者さんを対象に専門的リハビリテーションの有効性を検証する研究を開始しています。

発表者:西山菜々子 JORTC外来研究員(大阪府立大学・助教・作業療法士)

私たちの研究グループが取り組む「緩和ケア病棟入院中のがん患者さんに対する専門的リハビリテーションの有効性を検証するための多施設共同ランダム化比較試験(JORTC-RHB02)」のプロトコール論文が2020年10月22日に「BMC Palliative Care」誌に掲載されました。

概 要

●本研究は、2017年11月に開催した『日豪緩和ケア研究交流シンポジウム Aust-Japan Palliative Care Trials Project(AJPCT Project)』で日豪合同研究課題として採用されて以降、JORTCの研究サポートを受けて進めてきたものです。

●研究の目的は以下の2点です。

緩和ケア病棟入院中のがん患者さんの日常生活動作(Activities of daily living; ADL)を維持するうえで、我々が作成した推奨ガイド注1に従ってリハビリテーション専門職注2が行うリハビリが有効であるかを、通常リハビリ注3とのランダム化比較試験によって検証する。
この際、通常リハビリの効果も明らかにされていないため、もともとリハビリ専門職の介入がない緩和ケア病棟を観察群として置き、通常リハビリの効果についても定量的に評価する。

●2019年7月に症例登録を開始し、現在17の協力施設の参加により研究を進めています。登録期間は2021年12月までを予定しています。

●本研究によって得られた知見が、緩和ケア病棟においてもリハビリ専門職による質の高いリハビリが提供できる体制の構築につながることを目指しています。


※本研究は、国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)の「統合医療」に係る医療の質向上・科学的根拠収集研究事業の支援を受けて実施しています(課題番号JP20lk0310060)。
※本研究プロトコールは、AMEDの「統合医療」に係る医療の質向上・科学的根拠収集研究事業のプロトコール作成研究課題として作成および研究実施体制構築に取り組みました。(課題番号JP18lk0310054)



■掲載雑誌 / Journal
BMC Palliative Care

■論文タイトル / Title
The efficacy of specialised rehabilitation using the Op-reha Guide for cancer patients in palliative care units: protocol of a multicentre, randomised controlled trial (JORTC-RHB02)

■著者 / Authors
Nanako Nishiyama*, Yoshinobu Matsuda, Noriko Fujiwara, Keisuke Ariyoshi, Shunsuke Oyamada, Keiichi Narita, Ryouhei Ishii, Satoru Iwase (*責任著者)

■DOI
https://doi.org/10.1186/s12904-020-00670-6

■本件に関する問い合わせ先 / Contact
JORTC外来研究員; 大阪府立大学 総合リハビリテーション学研究科 作業療法学専攻 助教 西山菜々子

■用語解説 / Explanation of terms

注1)推奨ガイド緩和ケア病棟入院中のがん患者さんのADL維持を目的としたリハビリ介入を行う際の、リハビリ専門職に望む態度や行動をまとめた推奨ガイドです。私たちの研究グループが多職種で検討し、作成しました。ガイドの名称はOp-rehaガイド(オプリハ・ガイド)としています。
注2)リハビリ専門職本研究では、作業療法士と理学療法士を対象に設定しています。
注3)通常リハビリ本研究では、各施設の通常どおりに、リハビリ専門職が行うリハビリを「通常リハビリ」としています。



●Press Release●
A study has been started to evaluate the effectiveness of specialised rehabilitation for cancer patients hospitalised in a palliative care unit.

Presented by Nanako Nishiyama, Assistant Professor and Occupational Therapist, JORTC Guest Researcher, Osaka Prefecture University

The protocol article of our research group's project, " The efficacy of specialised rehabilitation using the Op-reha Guide for cancer patients in palliative care units: protocol of a multicentre, randomised controlled trial (JORTC-RHB02)," was published in BMC Palliative Care on October 22, 2020.

Summary

This study has been conducting with research support from JORTC since it was awarded as a joint Japan-Australia research project at the Aust-Japan Palliative Care Trials Project (AJPCT Project) held in November 2017.

The aims of this randomised controlled trial are as follows.

To evaluate the efficacy of a new, comprehensive guide for rehabilitation therapists, the “Op-reha Guide”, designed to maintain activities of daily living (ADL) of terminal cancer patients hospitalised in palliative care units (PCUs). An intervention group will receive treatment based on the Op-reha Guide*1 while a control group will receive usual rehabilitation.
We will compare the control group with the observation group to quantitatively evaluate the efficacy of usual rehabilitation. The observation group will come from PCUs that do not routinely have rehabilitation therapists perform rehabilitation for terminal cancer patients.

Enrollment started in July 2019. Participants will be recruited from 17 PCUs across Japan. The enrollment period is planned until December 2021.

We expect that the findings from this study will contribute to a future in which quality rehabilitation by rehabilitation therapists can be provided in palliative care units.


This work has been supported by Japan Agency for Medical Research and Development (Research Project for Improving Quality in Healthcare and Collecting Scientific Evidence on Integrative Medicine) under Grant Number JP18lk0310054 and JP20lk0310060.



Journal
BMC Palliative Care

Title
The efficacy of specialised rehabilitation using the Op-reha Guide for cancer patients in palliative care units: protocol of a multicentre, randomised controlled trial (JORTC-RHB02)

Authors
Nanako Nishiyam*2, Yoshinobu Matsuda, Noriko Fujiwara, Keisuke Ariyoshi, Shunsuke Oyamada, Keiichi Narita, Ryouhei Ishii, Satoru Iwase (*2: Corresponding author)

DOI
https://doi.org/10.1186/s12904-020-00670-6

Contact
Nanako Nishiyama
Guest researcher, NPO JORTC
Assistant Professor, Graduate School of Comprehensive Rehabilitation, Osaka Prefecture University.

Explanation of terms
*1: The Op-reha Guide is a newly developed intervention guide for rehabilitation therapists designed to address the need to maintain the ADL of terminal cancer patients hospitalised in PCUs. It was developed by integrating both the experience of clinical practice and the literature review by the multidisciplinary team of our research group





掲 載 日:2020年11月30日
最終更新日:2020年11月30日

 
 

このサイトは、信頼できる医療・健康情報のための倫理標準であるHONcodeの条件を満たしています: こちらからご確認ください