セミナー/研究会議 開催案内 2017.11.18-19

◆豪日緩和ケア研究交流シンポジウム
Aust-Japan Palliative Care Trials Project;AJPCT Project

11月18日(土)19(日)『豪日緩和ケア研究交流シンポジウム Aust-Japan Palliative Care Trials Project (AJPCT Project)』 を、オーストラリアの緩和ケア臨床研究グループである、Palliative Care Clinical Studies Collaborative(PaCCSC)と 日本の臨床研究グループである当NPO法人JORTCの共催にて、オーストラリア政府の豪日交流基金2017の助成のもと、開催予定です。

PaCCSCとJORTCは、これまで5年にわたり、ともにネットワークを確立してきました。
本プログラムは、今後の豪日コラボレーションの大きな一歩として、また緩和ケア臨床研究にかかわる医師・看護師をはじめとする医療従事者や臨床研究のプロフェッショナルのために、学習機会を提供し、新たな臨床研究の方向性をともに話し合える貴重な場になるとも考えております。

オーストラリアと日本のコラボレーションによって、質の高い緩和ケアの臨床試験が実施され、患者さん一人ひとりに最適な治療が届く社会に貢献できますように、ともに議論を深めるとともに、ともに懇親を深められれば幸いです。
関係各位の皆さま、お誘い合わせのうえ、奮ってご参加ください。




■開催概要

【会 期】2017年 11月 18日(土)19(日)
【会 場】東京大学医科学研究所附属病院 病院棟8階 会議室
     〒108-8639 東京都港区白金台 4-6-1 交通アクセス
【対 象】医療従事者/研究者
【参加費】18日(土)3,000円;昼食付 / 19日(日)無料 *事前参加申込み必要

[主 催]PaCCSC、NPO法人JORTC
[協 力]東京大学がんプロフェッショナル養成プラン
*本セミナーは、豪日交流基金2017年助成金を受けて開催しております

開催案内パンフレット/参加申込書はこちら



■プログラム


◇【Day1】11月18日(土)


■公開プログラム〔同時通訳有〕参加費 3,000円(昼食付)


<Session1> 09:30-12:30 緩和領域における臨床研究の話題

<Session2> 13:15-17:00 臨床研究コンセプト発表や緩和ケアの現状についての講演


◆主な演者紹介-------


● オーストラリア

David Currow
Professor of Palliative Medicine,
IMPACCT, Faculty of Health,
University of Technology Sydney
Chief Investigator, PaCCSC
Jessica T Lee
Staff Specialist,
Palliative Care/Clinical Lecturer,
Concord Clinical School, University of Sydney
Brian Le
Associate Professor/Director Palliative Care,
Victorian Comprehensive Cancer Centre
-The Royal Melbourne Hospital and Peter MacCallum Cancer Centre

● 日 本

細川 豊史 Toyoshi Hosokawa
京都府立医科大学 疼痛・緩和医療学教室 教授
日本緩和医療学会 理事長 日本ペインクリニック学会 代表理事
日本慢性疼痛学会 理事長
Professor, Department of Pain Management and Palliative Care Medicine, Kyoto Prefectural University of Medicine
President of Japanese Society for Palliative Medicine / Japanese Society of Pain Clinicians / Japanese Society for the Study of Chronic Pain
松岡 弘道 Hiromichi Matsuoka
Associate Professor,
Department of Psychosomatic medicine,
Kindai University Faculty of Medicine


◇【Day2】11月19日(日)


■看護公開プログラム〔同時通訳有〕
09:00-12:30 北会議室 参加費無料

緩和領域における臨床研究の基礎知識・緩和領域の臨床研究
にかかわる看護師の役割などをテーマにした講演と質疑応答
*豪日双方のリサーチナースから


◆主な演者紹介-------


● オーストラリア

Meera Agar
Professor of Palliative Medicine,
IMPACCT, Faculty of Health,
University of Technology Sydney
Jane Phillips
Director and Professor Palliative Nursing,
IMPACCT, Faculty of Health,
University of Technology Sydney
Belinda Fazekas
National Project Officer, PaCCSC

● 日 本

藤原 紀子 Noriko Fujiwara
Research Nurse, Project Researcher,
Department of Palliative Medicine of the IMSUT Hospital,
The Institute of Medical Science, University of Tokyo
Director, Planning and Coordination Office, JORTC

■非公開プログラム(メンバー限定;closed meeting)

豪日共同研究について、課題の共有と今後のコラボレーションについてのディスカッション
<Session1> 09:00-12:45 南会議室〔同時通訳無〕
<Session2> 12:45-16:30 北会議室〔同時通訳有〕


◆主な演者紹介-------


David Currow
Professor of Palliative Medicine,
IMPACCT, Faculty of Health,
University of Technology Sydney
Chief Investigator, PaCCSC
坪井 正博 Masahiro Tsuboi
Director of Thoracic Surgery & Oncology,
National Cancer Center Hospital East
President, JORTC


●参加申込み方法

参加ご希望の方は、以下項目をご記入のうえ、
NPO法人JORTC事務局まで、E-MailもしくはFAXにてお申し込みください。
※上欄の案内パンフレット/参加申込書もご参照ください.

①氏名(ふりがな)/英語表記 ②ご所属 ③職種
④ご連絡先(電話番号 or E-Mailアドレス)
>以下、参加をご希望するプログラムをお知らせください。
□ 11月18日(土)9:30-17:00公開プログラム *参加費3,000円(昼食付)
□ 11月19日(日)9:00-12:30看護公開プログラム *参加費無料

≪参加申込み締切≫ 2017年 11月 10日(金)まで



■参加申込み先/お問い合わせ先

「特定非営利活動法人JORTC事務局」木原・佐藤 宛
E-Mail:info@jortc.jp TEL:03-5604-9850 FAX:03-5604-9851



掲 載 日:2017年10月02日
最終更新日:2017年10月13日

 
 

このサイトは、信頼できる医療・健康情報のための倫理標準であるHONcodeの条件を満たしています: こちらからご確認ください